脊柱管狭窄症 | 根本施術に特化した北九州市小倉北区の整骨院|しもいとうづ整骨院

お電話でのお問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら
根本施術に特化した北九州市小倉北区の整骨院|しもいとうづ整骨院
根本施術に特化した北九州市小倉北区の整骨院|しもいとうづ整骨院

Blog記事一覧 > 腰痛 > 脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

2019.10.02 | Category: 腰痛

本日は、腰を反ると痛い・痺れるそんな80代の患者さんの施術結果です。

この患者さんは、以前 脊柱管狭窄症と診断を受けその際に手術を勧められ

手術を受けたが、改善しなかったみたいです。

その後、リハビリを勧められ2年間通ったがやはり改善することが出来ず

変化がないからということで 病院に行くのをやめた・やめていたとのことでした。

そんな中、症状が徐々に悪化し以前よりも痺れや痛みが強くなり

このままでは歩けなくなるのではないか?と不安になり 違う病院へ行かれたそうです。

そこの病院でも、手術を勧められたが、以前の経験から手術はしたくない・・・

けれど、このままだと本当に歩けなくなってしまう、どこかないか?そんな気持ちで治療院を探されていた

見たいでした。

たまたま、当院へ通院して頂いている患者さんの知り合いということで、紹介をして頂きました。

実際に見てみると、歩行は杖を2つ使わないとできない状況で、杖をなしに歩くと30歩めから

痺れが発生し、写真の通り後ろにそる動きに可動域制限がでていました。

施術をするにあたり、狭窄症をもちろん念頭に考えつつも

狭窄症だけではなく、そもそもの筋肉問題(硬さ・低下)骨盤や姿勢問題を考え

純粋に筋肉・骨盤のみで施術を行ってみました。

そうすると、歩行は 院内を歩き回る程度であれば、痺れ・痛みは出ず

後ろに反る動きに関しても、想定以上に反れるようになりました。

患者さんは 久しぶりに痛みが和らいだ、腰が反れるようになったと感動していました。

 

ただ、ここで大事な事は このアフターは一過性であり、いかにこのいい状態を持続するか!

持続させることができるか!が一番重要になります。

方向性としては、一過性であっても、変化が出るということは 計画性のある反復した治療を

正しく行えば 改善する見込みはあるということです!